読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ART OF LIFE

体の主成分の80%がX JAPANでできている三十路の元メタルバンドマン。兵庫在住。妻と子供2人と4人暮らし。iPhoneのアプリ紹介、ライフログ、趣味の音楽や野球のことなど徒然と。。

ライフログを残す意義を探して

12年間個人ブログをつけて、あの時何があった、どこに行った、何を買った、病気になったなどをわかりやすく(検索しやすく)書き残すのがライフログを残すにあたるコツかなと感じています。普段は見直す機会などなかなかなかないのですが、ふとしたときに検索機能を使い、見直す機会があります。ただし昔は書き方が下手だったり、更新をサボったりして肝心な時に役に立たないこともしばしば(笑)

最近ではFacebookで子供の成長記録を残していますが、過去のことを探すのには手間がかかっておりまして時系列で遡っていくしか方法がありません(私が使いこなせていないだけかもしれない)。ただ”何年前かの今日”と過去の投稿が表示される機能は特に子供の成長を感じることが出来て素晴らしい機能だと思ってます。

現在はそういった日々の記録に加え、買ったものや行った場所の記録をしています。
Amazon楽天市場などインターネットで購入したものの記録をWorkFlowyに年ごと、月ごとと階層をわけ、購入したものとその値段を記録するようにしています(自動化できると助かるのだが…)
行った場所はswarmからEvernoteにIFTTTを利用し、時系列で並ぶようにし、月末に別のノートに転記しまとめています。もちろんGoogleカレンダーとも連携しており、使用しているカレンダーアプリのStaccalでも見やすくしております。

また今年から日々の出来事を一言でまとめたものもEvernoteに放り込んでいます。これはこのブログの月末に月初に振り返り記事として活用したいと考えています。基本的に平日は仕事なので特段書くことはありませんが、自分の体調であったり子供の変化、成長、また土日は出かけることが多いのでイベントなどそのあたりをさらっとメモしています。

いつも思うのは、この日この瞬間、時間が経つと本当に忘れてしまいます。昔はそれでよかったかもしれないですが、残すツールがそれこそ写真のアルバムや紙ベースの日記などしかありませんでした。しかし今は便利なツールがたくさんあり、残す機会が山ほどあります。こんなに素晴らしいツールがたくさんあるのにわからない、めんどくさいで終わらせるのはこの時代を生きる人間としては悲しい気がします。

これらを存分に利用してライフログを充実させていきたいと思います。