読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ART OF LIFE

体の主成分の80%がX JAPANでできている三十路の元メタルバンドマン。兵庫在住。妻と子供2人と4人暮らし。iPhoneのアプリ紹介、ライフログ、趣味の音楽や野球のことなど徒然と。。

今年も豆まきの季節

今年も節分の季節がやってきました。

 

節分とは

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。(参照Wikipedia)

 

Wikipediaに記載があるように一応年に4回あるわけですが、この2月3日がメインイベントになっていますね。近年この2月3日以外も節分として恵方巻を売り出すスーパーも多くなってきました。

 

邪気を追い払うために古くから豆まきが行われており、宇多天皇の昔、鞍馬山の奥の僧正谷という所に住んでいた鬼神が、都に乱入しようとしたので、三石三斗の豆を煎って、鬼の目をつぶして災厄を逃れたと云うことが始まりであると言われています。

また、自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしがあるところもありますね。

 

それでは恵方巻きは?と思って調べてみたとろこ、恵方巻きは諸説あるそうですが江戸時代くらいからと言われてるみたいです。恵方巻きという名称自体は2000年代に入って急速に広まったみたいですね。

 

さて子どもたちは保育園で鬼退治をし、下の息子は大泣きだったみたいです。サプライズ好きな私は通勤のカバンに鬼のお面をしのばし、帰宅時にインターホンのカメラに鬼のお面をドアップで映すと、家の中から悲鳴が聞こえてきました(笑)当分鬼を利用していい子になってくれそうです(笑)